スペイン語【元気ですか?】よく使われる表現方法 音声もあり

更新日:

会話の初めに使われる重要な表現

 

友人や仕事関係の人達に会った時
ほとんどの場合【Hola!】オラ!から始まります。

その後に

【最近どうでした?】【元気ですか?】
の様に会話が続いていきますよね。

 

今回は代表的に使われる4つの【元気ですか?】のフレーズを紹介していきます。

 

 

主に使われる4つの言い方

1 Cómo estás?

2 Cómo te va todo bien?

3    Qué tal?

4    Qué onda?

 

厳密にはもっと沢山の言い方あるのかもしれませんが
主に使われるこの4つの言い方を紹介していきます。

 

1【Cómo estás?】コモ エスタス?

Qué tal?と同じくらいの頻度で使われます。

個人的な感覚ですが、
スペインだとQué talが多く、中南米だとCómo estásが多い気がします。

 

 

私はバルセロナにいたのですが、
バルセロナの人達は

Qué tal?を使っていましたが

南米からの移民の友達は

Cómo estás?を使っていました。

 

スペインと中南米で使う頻度が違うのだと思います。
ただどちらも100パーセント通じます。

中南米の旅行中に
Qué tal?と言われたことはありませんでした。多分

 

2【Cómo te va todo bien?】コモテバ トドビエン?

 

久しぶりに会った友人に対して
(オー元気でやってんの?)

また、久しぶりではなくても
(どう調子は?)
みたいなニュアンスで使います。

【最近会ってなかったけどどう?】

英語でいう
How's it going? と大体同じ意味になります。

 

 

3 【Qué tal?】ケ タル?

 

スペインで1番使われている言い方だと思います。
友達の間でよく使われます。

すこしカジュアルな表現になるので、
目上の人に対しては使わない方が無難かもしれません。

 

目上の人に対しては

【Cómo está usted?  (estásではなく3人称のestá)】

を使う方が良いと思います。

 

 

Jorge! Qué tal tio!
ホルヘ!元気?

Bien. Qué tal?
おー元気だよ、お前は?

こんな感じです。

ちなみに
Tioとは友達同士で使う英語のBrotherと同じです。

Tioには(叔父さん)という意味もありますが
なぜか友達の間や初対面の人に対しても使われます。

 

4 【Qué onda】ケオンダ

 

スペイン人で使っている人はいないと思います。

中南米の表現です。

 

 

私は使ったことは無いですが、

中南米の旅行中に耳にはしました。

本当に仲の良い間で使った方が良いとコロンビア人の人は言っていました。

多分ですが、Qué tal と同じ使われ方をするのだと思います。

 

最後に

 

スペインと中南米では

言い回しが違うことがとても多いです。

今回紹介した4つの言い回しも

スペインではよく使うけれでも中南米では使わない

という事はよくあります。

 

それでは

Copyright© Chicoblog , 2020 All Rights Reserved.