スペイン語 【Sentar 座る】と【Sentir 感じる】使い方と意味 【ややこしいです】

更新日:

【Sentar】と【Sentir】をしっかり区別しよう

 tree_similares

Sentir とSentar

この2つの活用って似ていませんか?

実際使っていてよく感じるけれど

同じ発音をすることがあるのでしっかり頭の整理をしておきたいと思います。

 

 

SentarとSentirには6つ発音がかぶっている

SentirSentar

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の活用から見て分かるように

赤い字で書いてある活用は

Sentar, Sentirを超えて

同じ発音、同じ書き方をします。

 

これらそれぞれの使い方を例文を使って

おさらいしていきます。

 

①Sientoの使い方

1 私は子供をイスに座らせる 【Sentar

(Yo) Siento a mi niño en la silla

 

2  私(自身)がイスに座る 【Sentar

Me siento en la silla

 

3 私はそれをするべきじゃないと思う/感じる【Sentir

Siento que no debería hacerlo

 

4 君が私を良く扱ってくれていると思う/感じるSentir

Siento que tú me trates muy bien

 

Siento que は Creo que(~と思う)と

大体同じ意味で使われる。

 

5 私の気分が良くない(と感じるSentir

Me siento mal

私は悲しい

Me siento triste

 

②【Sientes】の使い方

1 君はどう感じる

Cómo te sientes? 【Sentir 現在

 

2 私は君に座ってもらいたい

Quiero que te sientes en la silla 【Sentar 接続法現在

 

③Siente

1 私は彼にイスに座ってもらいたい

Quiero que (Él) Siente en la silla 【Sentar接続法現在

 

2 彼はどう感じている? 【Sentir現在形

Cómo (él) se siente?

 

④Sientaの使い方

1 彼は私にどう思って欲しいのだろう?

Cómo quiere que me sienta? 【Sentir接続法現在1人称

 

2 私は彼に心地よいと思ってもらいたい

Quiero que (él) se sienta cómodo 【Sentir接続法現在3人称

 

⑤Sientasの使い方

1 君はイスに座る

Sientas en la silla 【Sentar現在形

 

2 君の調子が悪くなったら私に知らせてね

Avisame cuando te sientas mal 【Sentir接続法現在

 

気持ちを伝える場合 Me/ Te/ Seなど所有格を付ける

Siento triste ?  Me siento triste?

どちらが正しいの?

と思ったことはありませんか?

 

気持ちを伝える場合は

所有格のMe/ Te/ Seを文頭に付ける必要があります。

 

Siento tristeではなく

Me siento muy triste  「私はとても悲しい」

Te sientes mareado 「君はめまいを感じている」

Se siente cómodo  「彼は心地よいと感じている」

のように文頭に所有格を付ける必要があります。

 

逆に

君に恋をしたと感じた

Siento que me estoy enamorado de tí

の様にSiento que と続く場合は

所有格は付ける必要はありません。

今回はここまでです。

 

それでは

Copyright© Chicoblog , 2020 All Rights Reserved.